熟練にやってもらいたい所作

家族って、終わりが弱い。
思う存分やろうと思うときりがないし、さりとてとても家族をしなかったら部屋は汚くなるしお断りな。
特別、補修がものすごく不快かというとそれほどでもないし苦手でもない。
炊事も、皆目できない意義はないけど、連日三食作るとなると作れる炊事が限られているから困る。
一年中おんなじものを食べても大丈夫だとか、食に皆目執念が無いというのなら何とか楽だろうか。
我々は、おんなじものを食べるのはお断りし、できるなら嬉しい物を食べたいと思う。
上手くないものを食べると、腹が立つし機嫌が悪くなってしまうのを自覚している。
ですから、一年中機嫌激しく過ごすためにも生活は綺麗にしておきたいし、嬉しい物を食べるようにしなくちゃならない。
ただ、フランクあたしってあんまりスタミナがあるわけじゃないから、一年中家族を一所懸命すると疲れちゃうのです。
ですから、できれば人類にやってもらいたい。
しかも、凄く補修や炊事の握りこぶしがたつエキスパートにやってもらったらたとえすばらしいだろうか。
いいえ、人類じゃなくてもロボットでも嬉しい。
少なく、ロボットが完璧に家事をこなす時期がやってこないだろうか。マイナチュレは、抜け毛防止に役立ちます