熟練にやってもらいたい所作

家族って、終わりが弱い。
思う存分やろうと思うときりがないし、さりとてとても家族をしなかったら部屋は汚くなるしお断りな。
特別、補修がものすごく不快かというとそれほどでもないし苦手でもない。
炊事も、皆目できない意義はないけど、連日三食作るとなると作れる炊事が限られているから困る。
一年中おんなじものを食べても大丈夫だとか、食に皆目執念が無いというのなら何とか楽だろうか。
我々は、おんなじものを食べるのはお断りし、できるなら嬉しい物を食べたいと思う。
上手くないものを食べると、腹が立つし機嫌が悪くなってしまうのを自覚している。
ですから、一年中機嫌激しく過ごすためにも生活は綺麗にしておきたいし、嬉しい物を食べるようにしなくちゃならない。
ただ、フランクあたしってあんまりスタミナがあるわけじゃないから、一年中家族を一所懸命すると疲れちゃうのです。
ですから、できれば人類にやってもらいたい。
しかも、凄く補修や炊事の握りこぶしがたつエキスパートにやってもらったらたとえすばらしいだろうか。
いいえ、人類じゃなくてもロボットでも嬉しい。
少なく、ロボットが完璧に家事をこなす時期がやってこないだろうか。マイナチュレは、抜け毛防止に役立ちます

久しぶりに銀座に行きました

銀座に久しぶりに行きました。鉄道を使って銀座ターミナルに着いたのですが、何やら何だかんだ様変わりしていてびっくりしました。地下道がとても発達していたので、多雨に濡れずに済んでラクラク移動することができるし、ターミナルビルも何かと新しいのができていました。東急プラザに行ってみた部位、高級な感じの執念あるブティックや売り物屋氏が入っていて、物珍しいニュアンスに何ともそわそわしました。たいてい訪日ツーリストを意識しているんだなと思うような製作で、優雅がします。最も買うものはなかったので単に外に出て、ターミナルのアーケードのようなモールを見に行きました。どうしても身近にショッピングをするんならこの部位のほうがセルフ的にはあってるなと思いながら、服を眺めていました。よく扱っていない品名もあったので、ウキウキしながら試着もさせてもらいました。ブリティッシュテイストな感じの衣料が可愛くて購入したかったのですが、背がなんとなく長くて失敗しました。生え際は発毛剤を使用するのがベストです

ハイスクール以来の年甲斐進学

高校生以来本当に行ってないので、本当に選んでもいません。行った先決でもひとまずやるとか人気なくても一先ずやるとか仕方なくやっていました。平然としている人たちが不快で、人目を虐げてでもこちらたちだけ安全にいたいとか、人目を流せてでも自分たちが進むとか、そういったない者を出し、力強い者同士でつるみます。仕事や塾すら、その時にははじかれたり、ランクを出されたりします。われわれがその時そんなにされたんだから、みなさんがこんどはそうなれみたいな言い合いが、毎日聞こえるような気がします。呆然としてたら巻き込まれるもんなんですかね。その時それほどなった人たちがいるんだから、次はそうじゃない人たちがそうなればいいのに、と普通に思っています。何それ、とか言いようの人たちが今までの環境にいたことがないのにそこにはいたりして、異常だなと思ってしまいました。奴を虐げるような人たちは、眼が見えないのかなという感じで、里が違うみなさんって、果たしてどうして思うのか、因習や学んできたことが違ってるんだなとひとまず思っています。医療レーザー脱毛しに大阪駅周辺に行っています

快眠欠陥で体調がつらいです

今日はめっぽう実情が悪いというか健康がだるいです。
というのも、きのう寝ついてすぐに飼っている猫に猫パンチで文字通り叩き起こされまして。
腹部が空くとハングリー精神の赴く通り、仕掛けをもらえるまで叩いてくるので、やむを得ず仕掛けをあげたら寝てから2時間も経ってなくて。

そしたら寝たのですが、今度は寝てる間に掛け布団をどけて腹部を出してたせいで、痛烈腹痛でまぶたが。
仕掛けを上げてから2ひとときまだまだ?
一旦腹部壊すと強敵良くならないので、少々ウトウトしては腹痛で起こされてが続きました。

なのでつい寝てたのですが、今度は乗り物が攣って激痛が。
マッサージして事なきを得ましたが、何とか治まって一安心。

と思ったら夕刻が明ける前に飼猫の猫パンチがまた俺を襲い、仕掛けをあげて、ようやく時計に起こされる、という夕刻でした。
大変ぶつ切りな安眠になったせいで健康が休まりませんでしたし、安眠欠乏で脳裏もすこし痛いです。
ここまで恐ろしいはじめ夜中は数年に1度だと思います。

今日は寝る前に多めに猫の仕掛けをあげて、早く寝ようと思います。フェイスラインニキビの原因は、ストレスです

インドの子育ても知りたいです

インドで、72歳の女性と74歳の男性から、初めてのお子様が生まれたというニュースがありました。体外受精だそうです。
それでも、信じられない思いで見てしまいました。心なしか、その72歳の女性も、まるで、30代かのような印象さえあります。sck2015-kosodate-illust

そこで、思ったのは、自分はビビりすぎではないかとうことです。気にしすぎだと思います。インドよりも、情報があふれている日本では、病気を気にしてばかりで、こんな前人未踏なことは考えられないような気がします。

自分もまだまだ、ヘナちょこだと、思いました。でも、日本に生きているので、現状を思うと、どうやって、子供を育てるのだろうと思ってしまいます。ドキュメンタリーを特集してほしいです。子育てした経験から思うと、相当に小さい子供を育てるのは大変です。

お父さんが一緒にお世話できるので、日本の母親任せの子育てとは、全く違うのかもしれませんが、これを機会にインドの子育て方法も知りたくなってしまいました。